2010年 04月 24日
裏面照射型CMOS テスト。
高感度でもノイズが少ないと言われている裏面照射型CMOS。
先日upした防水デジカメDSC-TX5で試してみました。

場所はキタムラで、被写体は『ソニーの大発明』。

まずは最低感度のISO125。 
a0129474_0365168.jpg

SONY DSC-TX5





次にISO200。 もちろん手持ちなので構図のバラつきは勘弁してくださいね。
a0129474_0365652.jpg

SONY DSC-TX5


ISO400。
a0129474_037143.jpg

SONY DSC-TX5


ISO800。
a0129474_037678.jpg

SONY DSC-TX5


最後にISO1600。
a0129474_0371137.jpg

SONY DSC-TX5


もう一つ、ISO3200もあったと思うんですが忘れてました。


裏面照射型CMOSセンサーってスゴイですね。

ノイズリダクションの関係でしょうか、高感度の右上や右下を見ると潰れた感じはありますが
お手軽コンデジのISO1600でこれは普通に使えそうです。
[PR]

by FLEKTOGON35 | 2010-04-24 09:43 | カメラ,レンズ | Comments(4)
Commented by intellistation-e at 2010-04-24 11:41
こんにちは。

撮り比べ、ありがとうございます!
これは参考になります。<(_ _)>

うわぁ、と感嘆しながら拝見させていただきました。
低感度側のコッテリ感は薄れていますが、薄型のコンパクトでここまでいけるのなら高感度域で十分に常用できますね。
使っているリコーCaplio-R7では最高感度が1600で800以降は急激に荒れ出します。
R7は手ぶれ補正がついていますのでまだなんとかなりますが、GR-DIGITALではちょっと辛いです。
裏面照射型、すごいですね。
Commented by higphotos at 2010-04-24 15:59
りめんてんしゃがた。スゲーっ、て意味が分からんです。
高感度でこれだけ使えるとは。。。むむむ

で、買っちゃいましたか?

ウチでも小僧の水遊び用カメラを物色中なんですが、Sonyもヨサゲですね。
と言いながら、第一候補はパナのLumixFT2。TVがパナなんで。
相変わらずSony製品に手を出さない「関係者」でした。。。
Commented by FLEKTOGON35 at 2010-04-25 19:39
intellistation-eさん、こんばんは^^

撮り比べ、いかがでした?
普段なかなかやらないんですが、この裏面照射型CMOSには驚いてやってしまいました。
こんなに強いとはねぇ...
このTX5にはISOのAUTOに上限設定できないのがねぇ、なんて思ってましたが、
その必要はなさそうです^^;

色合いも派手でもなく地味でもなく。
ん~ヤバイです。
Commented by FLEKTOGON35 at 2010-04-25 19:42
higphotosさん、意味わからんでしょ!
ぜんぜんノイズが乗ってこないんですよ。
まぁ、ノイズリダクションもかけてあるとは思うんですが、
コンデジのISO1600でこれなら文句なしですね。

関係者でありながらパナを第一候補に持ってきますか^^
初めて見てみましたが、AVCHD Lite動画とかあって、そのままTVで再生できるんですね!
いや~そりゃ惹かれるなぁ。
我が家もパナ(ビエラ)なんでそれは魅力ですね。



<< GREEN      裏面照射型CMOSの防水デジカメ。 >>